クレジットカードの現金化は利用価値が存在しているか

クレジットカードの現金化の業者は、現在キャッシュバック方式を取り入れているケースが多いようです。そこでみなさんに、このキャッシュバック方式が何かということについてしっかり勉強をしていただきたいと思います。クレジットカードのショッピング枠を使い、クレジット決済で購入し景品としてもれなくお金が振込まれる仕組みを言います。ショップを紹介され、利用者がオンライン決済するだけであり、そこには、別に何ら難しいシステムがある訳ではありません。

カードのショッピング枠残高

まず、みなさんがしなければならないことは、カードのショッピング枠残高を確認しなければならないことです。みなさん自分で、自分のクレジットカードのことは判ると言い切ってしまうかもしれません。意外と、このショッピング枠は、正しく把握出来てないから失敗してしまうことがあるようです。まず、しっかりショッピング枠を把握しておけば何事もスムーズに行くはずです。多くの人たちが高額のショッピングをしようと思っているのに、想像と違って少なかったというケースもようです。

クレジットカードの現金化のメリットはやっぱり来店も審査もしなくていいということです。Web決済には大きなメリットが存在します。今時、クレジットカードの現金化業者も、以前は店舗のところもあったのですが、段々と店舗なしの形態となり、これをつい私達は怪しいと思ってしまうのかもしれませんが、この件については、合理性を追求してこうなったと考えるべきです。みなさんにパソコン環境があれば、どこからだって、クレジットカードの現金化の申し込みをすることが出来ます。

そして、1)本人確認、2)クレジット決済、3)銀行口座という流れで、現金を手に入れることになります。当日だって、私達は、現金をゲット出来てしまうのです。平日午後3時を過ぎても取引現金化業者によりますが、首都主要銀行とネットバンクを使用して、当日お金をゲットすることはそれほど難しいという訳ではありません。

クレジットカードの現金化 キャッシュバックは違法?

実際に、全く、キャッシュバックが、正当な方法ということではなくて、買い取ってもらうことを前提にして、カード購入すること自体は、クレジットカード会社の利用規約に違反しているかもしれません。クレジットカード会社にばれれば、即利用停止ということもあるかもしれません。

しかし、キャッシュバックでは、転売するのとは違う方法であり、カード購入した商品は利用者の手元にそのまま残ることになります。実際に、消費者の購買意欲を高めるために、景品、賞金をつけること自体は、景品表示法で認められている範疇です。

販売価格のいくらか程度を、現金に還元する行為は、カード規約に抵触している訳ではありません。しかし、やっぱり行きすぎた行為は、アウトでしょうね。景品表示法では、商品販売価格の、10%を超えた額の景品をつけてはいけないともされています。しかし、実際にそうでないケースはあり、このような場合、購入者全員に対して行う、キャンペーンであれば良いともされ、クレジットカードの現金化業者は、キャンペーンのケースに自分らをあてはめて、法に抵触してないと主張しているようです。

実際に、クレジットカードの現金化で行われているのは、80%程度の還元率になる訳です。でも、注意をしなければならないのは、たとえ95%の還元率だとしても、手数料として支払いをしなければならないですし、クレジットカードに対しても利息も支払いする必要があります。